葉酸と悪阻(つわり)予防するなら重要な6つのポイントとは?

妊娠初期には悪阻が始まり酷くなります。葉酸には悪阻を軽減させる効果があります。具体的にどんな効果があるのでしょう。

 

1.初期の悪阻(つわり)症状と葉酸

葉酸を取り続けてきて迎える妊娠初期。4週目に入ると、悪阻症状が酷くなり。食べるものを受け付けなくなります。悪阻には色々なタイプがあります。眠気が強い悪阻もあれば匂いに敏感になったりします。葉酸が不足すると悪阻が酷くんります。しかし一番つらいのは吐き気です。葉酸は悪阻の吐き気を軽減させてくれます。

 

その他の症状として、だるさや頭痛。むくみ・便秘や下痢。イライラしてヒステリックになる人もいます。

 

これは妊娠初期に分泌される女性ホルモンの影響が強いからです。このような症状を和らげるために葉酸に含まれるビタミンB12が友好的になります。

 

2.悪阻(つわり)の予防に葉酸が良い?

妊娠初期に起こる、悪阻の予防にはビタミンB12・ビタミンB6が有効ですが。葉酸の中にはこれらが全て含まれています。そのため。悪阻症状である、吐き気や嘔吐が起きにくくなります。

 

また、葉酸とビタミンB12は同時に「自律神経を整える」ために働きかけててくれます。妊娠により乱れている交感神経と副交感神経のバランスがよくなり、自律神経が整う事で身体の機能が正常化して、悪阻もおきにくく軽減するさようがあります。

 

ただし、葉酸とビタミンB12は同時に働きかけることから効果があります。なのでどちらか一方でも不足してはいけない事を覚えておいて下さい。

 

3.悪阻(つわり)はいつまで続くの?

妊娠4〜12週になると細胞分裂が非常に盛んになり悪阻も酷くなります。特に悪阻が酷いのは8〜10週のあたりになります。だからと言ってこの期間だけ葉酸を摂取すればいいというわけではありません。この時期になると悪阻が酷くなり、思うように栄養が取れなくなります。

 

そんな時は、サプリメントなどを利用して葉酸をしっかりとっておきましょう。葉酸は細胞分裂に大きな影響をもたらしますのでとても重要です。

 

4.食べ悪阻(つわり)で過剰摂取は控えてください。

悪阻でも食べ悪阻で食べばかりの人もいます。食べれないわけじゃないので葉酸摂取に問題がないように思えますが。逆に過剰摂取してしまう場合があるので気を付けて下さい。また妊娠により味覚も変化していますので。やたら甘いものばかり食べてしまう人もいます。

 

5.悪阻(つわり)がおさまれば葉酸は必要ない?

葉酸は悪阻を慧眼させる効果がありますが。妊娠中に不足がちな栄養を補助する作用もありますので、悪阻が収まってきたからと言って葉酸を摂取しなくなると栄養素が不足しますので。悪阻がおさまっても葉酸は摂取するようにしましょう。そして葉酸には赤ちゃんの神経を整える作用もあるのでできれば出産までは摂取続けたほうが良いでしょう。

6.悪阻(つわり)が酷く葉酸が摂取できない時に起こりやすい事

悪阻で吐いてばかりだと食事ができなくなります。そうすると葉酸を摂取したくてもできなくなります。葉酸が不足すると貧血になります。臍の緒から血液を通して赤ちゃんに送られる大切な栄養も送られなくなってしまいます。食事がとれなく葉酸をサプリメントで摂取してみて下さいね。

 

まとめ

悪阻はだいたい4ケ月か5ケ月くらいになると治まってくる人がほとんどです。無理な食事からとサプリメントを利用して葉酸をしっかり接すできるように気を付けて下さいね。

 

しかし悪阻で履いてばかりで水分す摂取できないくらいになってしまうと。サプリメントすら摂取できなくなります。そんな時はタブレットタイプの葉酸で、口の中でゆっくり溶かして接すできるタイプのもありますので試してみてください。

 

また葉酸を摂取していたけど。悪阻が酷かったという人もいますので。あくまでも葉酸だけに頼らず。葉酸をとっておこうと気楽な気持ちで摂取をしてください。